治療だけでなく予防も必要

下半身

骨盤底筋を鍛える

膣の緩みは、パートナーに指摘されるなどしないと、自分ではなかなか自覚できないものです。くしゃみをした時に尿漏れしたり、お風呂から上がった時に膣からお湯が出たりする場合は、膣が緩んでいる可能性があります。膣が緩む原因は、子宮周辺を支えている骨盤底筋群が出産によるダメージや加齢によって衰え、筋力が低下してしまうことが原因です。クリニックや美容外科では、高周波やレーザー、外科手術など、膣引き締めのための色々な治療法があるので、自分に合った方法で治療することができます。しかし、治療をして膣引き締めができたからといって安心してはいけません。なぜなら、膣引き締め治療をしても、予防対策を行わない限り再び緩んでしまうことがあるからです。膣引き締め治療をして気をつけることは、膣が緩まないように予防することです。膣トレと呼ばれる骨盤底筋を鍛えるトレーニングは、短時間で行えるうえ、効果が高いと人気があります。足を肩幅に開き、息を吸いながらゆっくりと膣を引き締め、しっかり引き締めた状態で5秒間静止します。その後、息を吐きながら膣を緩め、元の状態に戻すだけです。毎日5回行うだけで、骨盤底筋を鍛え、膣の緩みを予防することができます。また、膣の緩みを感じられない人も、膣トレを行うことによって、加齢による膣の緩みを予防することが可能です。いつまでも女性らしさを保ち続けるためにも、毎日の生活に膣トレを取り入れてみてはいかがでしょう。