様々な歯科を活用して口元の健康美を手に入れよう

医療器具

口腔コンプレックス解消

歯列

審美歯科といっても、普通の歯医者と何か変わるのかとピンと来ないのではないでしょうか。「審美歯科と矯正歯科と何が違うのか」、「審美歯科って何をするところ?」と思った方も結構いるかと思います。「歯並びの矯正や噛み合わせを治すところでしょう?」とだけ思われることもあるようですが、実際の審美歯科の目標とは「口腔疾患の予防と健康保持」だけではなく歯のコンプレックスを解消することで自信を持って、歯を見せて笑ったり、話をしたりといったコミュニケーションなどを行えるようにすることです。例えばそのためには、歯並びが悪い・歯の色が黄ばんでしまって、縞模様になってしまっている、歯茎が綺麗じゃなく下がっているなど口腔内のコンプレックスを解消する必要があります。
そこで、大阪の審美歯科では歯並びの矯正や咬み合わせはもちろん、歯の着色汚れを落とす・歯茎を綺麗にするなどの施術を行なっています。お家ですぐに治すことができないこれらは鏡を見るたびに憂鬱になることでしょう。人と話す仕事や対面でのお仕事をお持ちの方には、印象を左右してしまうといった大きな問題も抱えてしまうことになります。ちなみに、歯の縞模様は抗生物質に含まれるテトラサイクリンという成分によって付いてしまうものですが、この汚れを落とすのも大阪の審美歯科で行なうことも出来ます。歯ぐきの黒ずみを健康的で綺麗なピンク色に、歯の形自体が気になるなどのお悩みも治療方法がありますので一度、大阪の審美歯科などにご相談してみてはいかがでしょうか。