皮脂の酸化が原因

困る女性

食生活の見直しが大切

加齢臭は中高年の男性特有のニオイだと思われがちですが、女性も年齢を重ねると同じようなニオイを発するようになります。加齢臭のニオイの元になるのは、ノネナールという物質で、皮脂が酸化することで発生するニオイの成分です。女性は40歳頃を境に女性ホルモンが減っていき、男性ホルモンの働きが活発になります。その結果皮脂の分泌が多くなり、加齢臭が発生してしまいます。加齢臭が発生しやすい場所は、皮脂腺が多い頭皮や耳、わきの下などがあります。加齢臭を改善するためには、ニオイが発生しやすい場所を清潔にしておくことが大切です。しかし、ゴシゴシ洗いなど、過剰な洗浄は逆効果になるので、洗いすぎには気を付けましょう。体を洗うときは消臭・殺菌成分が配合されたせっけんなどを利用するのも効果的です。また、シャワーだけで済まさず、しっかり湯船につかることで皮脂や汚れが落ちやすくなり、ニオイの元をなくすことができます。加齢臭を改善するためには、皮脂の酸化を抑えることも必要です。日頃の生活習慣を見直すことで、体内の酸化を抑え、体の中からニオイを改善することができます。毎日の食事の見直しは、加齢臭の改善につながります。動物性脂肪を含む肉を控え、野菜や大豆製品をしっかり摂ることで、皮脂の酸化を抑制することができます。抗酸化作用のあるビタミンCやポリフェノール、食物繊維を多く含む食べ物を意識して毎日の食事に取り入れるようにしましょう。また、アルコールをよく飲む方や喫煙の習慣がある方は加齢臭が発生しやすくなるので注意が必要です。